意外と知らなかったグァバの効果

グァバは沖縄が産地のフルーツです。沖縄を訪れたらフレッシュな生のグァバを食べるのがおススメです。

沖縄が産地のグァバについて

意外と知らなかったグァバの効果 グァバは熱帯産のフルーツです。熱帯アメリカが原産地で、世界中の産地で栽培されています。国内では気温の高い気候の沖縄が産地となっています。日本ではフルーツの中でもあまりなじみのない種類と言えるグァバですが、その品種は160種類にも及んでいます。グァバはフトモモ科バンジロウ属のフルーツで、沖縄では8月から10月の厚い時期に収穫されます。

グァバは果実を食します。大きさは小さいもので直径3ほど、大きくて握りこぶしくらいになります。果皮は品種によって緑色や赤などがあり、切って中の果肉を食べます。芳香が強く、甘酸っぱい味が特徴です。生のグァバは産地の沖縄で入手しやすいですが、ほかの地域ではスーパーなどで売っておらず、ジュースやゼリーで食べることが一般的です。生のグァバならではのフレッシュな風味を楽しむならば沖縄を訪れた時に味わうのがおすすめです。

グァバはビタミンCが豊富で、沖縄の暑い夏を乗り切るにピッタリなフルーツといえます。豊富に含まれるβカロテンは美肌やアンチエイジングに効果が期待できます。またカリウムが多く、血圧を下げる効果もあります。沖縄の人の長寿の秘訣は食文化と言いますが、このフルーツも大いに関係しているのではないかと考えます。

関連サイト