意外と知らなかったグァバの効果

沖縄ならではの温暖な気候で育ったグァバは、ビタミンCをはじめとする栄養がギュッと詰まった奇跡のフルーツです。

太陽の恵みがたっぷり詰まった沖縄グァバを食べよう

意外と知らなかったグァバの効果 沖縄と聞くとサンサンと降り注ぐ太陽の光を思い起こされる方も多いことでしょう。特に、南国特有の気候と風土の恵みは沖縄ならでは。この豊かな自然の恵みが格別な沖縄の美味を生みだしてくれるのです。中でもおすすめなのが南国のフルーツです。スターフルーツやマンゴーなどが知られていますが、地元の人が愛してやまないのがグァバです。

グァバと聞くとジュースを思い浮かべる方も多いと思いますが、沖縄ではその温暖な気候から広く栽培、多くの島民から愛されています。別名バンシルー、またはバンジロウとも呼ばれ、ビタミンCはレモンの約6倍、ポリフェノールやカリウムが豊富に含まれており、美肌やアンチエイジング、風邪の予防などさまざまな効果があると言われている奇跡のフルーツなのです。

熟したグァバはなめらかでクリーミーな舌触りとまろやかな酸味が特徴です。常温で保存することで追熟が進み、さらに香りが芳醇になります。好みの柔らかさになるまで熟するのを待っていただきましょう。食べ方はリンゴや梨のようにカットして、種の多い部分は特に甘いので、ゼリーやジュースにするのがおすすめです。皆さんも、沖縄でしか食べられない太陽の恵みがギュッと詰まった奇跡のフルーツを是非いただきましょう。

関連サイト